ひざが痛い原因と3つの解消法

痛みが生じる場面A

・じっとしているときの痛み
痛みが生じるのは動いているときだけとは限りません。何もせずにじっとしているときでも痛みが生じることがあります。

特に、慢性リウマチにかかっているとこの症状が発生する場合があります。

・ひざを伸ばせない
ひざ間接は本来、足をまっすぐ伸ばすと間接がかみ合い、少ない力で立った状態を維持できるような仕組みになっています。

しかし、痛みによって伸ばすことができないときには少し曲げたままにしておく必要があるため、それによってひざに負担がかかってしまいます。これによってひざを伸ばすことができない→ひざに負担がかかる→さらに痛みがひどくなるという悪循環が生じてしまいます。

・ひざの変形
変形性膝関節症が進行することで、骨の変形も同時に進行していきます。そのため、足がO脚やX脚になってしまうことがあります。

・ひざの腫れ、水がたまる
ひざの痛みとは別の症状として、ひざが腫れたり水がたまったりすることがあります。それによって関節が曲げづらくなることがあります。

・階段があがりづらくなる
足が重く感じ、下りはそれほどでもないのに、上りが困難になることがあります。これは、ひざの痛み以外にも、筋力が低下しているため足が持ちおあがらなくなってしまっているのです。

筋肉は使わなければどんどん衰えていくので、ひざの痛みが原因で運動をしなくなるとますます状態が悪化してしまうのです。

> プロ野球選手のひざ痛を直していた方法は効果テキメン


スポンサードリンク